うるま市内の引越し テレビCMで有名な業者よりモット安く引っ越せますよ!

平成17年に周辺の市と町が合併してできた都市で、太平洋戦争の後、さまざまな学校が建てられ、沖縄の教育の中心都市として栄えてきた旧具志川市、太平洋戦争の中にあって、難民収容所や民生府の設置など、政治経済の中心都市として機能してきた旧石川市、平成12年、世界遺産の指定を受けた勝連城を保有する旧勝連町、約2500年前の集落跡「シヌグ堂遺跡」などの残る旧与那城町と、それぞれに機能の違う2市2町が合併して「うるま市」が誕生しました。

 

人口は約12万人と、那覇市、沖縄市についで3番目に多い都市で、勝連半島と8つの島を保有していて、そのうち5つの島は海中道路等で結ばれていて、勝連半島から移動できるようになっています。特に平安座島につながっている4.7キロの海中度ウルは景色も良く、絶好のドライビングスポットとなっています。
うるま市は闘牛に力を入れている都市で、沖縄県一の規模の闘牛場を有しているほか、いろんな場所で闘牛大会などが開かれるほか、お盆に行われる、盆踊りのようなお祭りのエイサーでは、うるま市のエイサーは特に「日本の音風景百選」などにも選ばれるほど美しく、観光客で賑わいを見せています。

 

 

 

簡単な入力で引越しの見積りが最大10社から届きます>>>Click!!

うるま市内の引越しの見積もり比較【料金が安い業者はココ】関連ページ

那覇市
浦添市
石垣市