沖縄の引越しではどこの業者を利用するのが良い?

沖縄の街から県内や市内の引越しであれば地元の業者を利用しても良いでしょうが、沖縄と県外の引越しではどの業者を利用すれば良いのか、これはちょっと悩んでしまいますよね。でも考えたり悩んだりしてもコレばっかりは仕方ありません。分からないものは分からないのですからね。

 

もちろん知り合いに東京と沖縄間を引越した人がいたりするならば聞いてみるのも良いと思います。が、なかなかそういう人が身の回りにいる人は少ないかもしれません。私の知り合い(の知り合い)に北海道の札幌から沖縄の石垣に引越した人がいましたが、最近はこういう方たちが多くなっていますよね。定年になったら第二の人生を沖縄で過ごしたいと夢見る人は多いですからね。ただそんな時は荷物を持って引っ越すのがそもそも良いのかどうかは考えどころですね。高額な費用が掛かるのは間違いがないので、それであれば家具や家電、時には車も処分して沖縄市内や県内で、あるいは本州の引越し先の街で家電や家具などを買い揃えた方が良いのかもしれません。もちろん手放せない貴重なものの数々をお持ちであれば腹をくくってガッチリと引越しをするしかありません。

 

沖縄県内であれ、沖縄から本州への長距離引越しであれ業者を利用する場合は見積もり比較を利用しましょう。
引越し業者の価格は暇な時には安く請け負ってくれますが、春の異動の時期などの混雑期には、まるで足元を見られるかのように値上げされるものなのです。
それをもって「相場」とも言われる通りなのですが、気をつけたいのは一般的に暇な時期であっても土曜日や日曜に、祭日に引越しが集中したりするものですから、平日と週末でも価格を変える業者もあります。

 

ですので引越しするなら、どこが安いのかを自分で比べてみるのが1番ですし、もし比べることなく引越し業者を選んでしまえば、思わぬ高い料金を請求されかねないのです!

 



 

 

家具などはどうする

沖縄へ住みたい、移住したいという人は多いですよね、きっとあなたも、私も同じ思いであるかもしれません。関東や東北あたりからだとかなりの距離があるのですが、東京から沖縄の距離が1500キロメートル以上となりますから、超のつく長距離ということになりますね。

 

こういう凄い長距離の引越しというのはなかなか経験をすることがないかと思いますが引越し料金は家財が多ければ多いほど高くなるものです。なので出来れば沖縄へ引越ししてから現地で家具や家電を購入するのが良いのですがね、、、実は私は沖縄へ行ったことがありません。それだけにあこがれがあるのですが。家電量販店などは沖縄にあるのだろうか、そんな心配もしてしまうわけなのです、でもこれは大丈夫なのです、あるそうですね。日本の場合は北海道から沖縄まで大丈夫ということですね。便利な国です。

 

沖縄に住むことを考えている人はどちらかと言えば仕事を定年となり第二の人生の場所として考えている人が多いのかもしれません。そうした場合には引越し料金が高いから、というような理由でこれまでの生活家財を捨てるというのはなかなか難しいものなのかもしれません。骨董品とか思い出の品とかいろいろな人生の場面をよみがえらせるものがたくさんあるでしょうからね。それらを一緒に持って行くとなれば、かなりな費用がかかるということは覚悟しなければなりませんよね。

 

また最近ではインターネットで仕事をすれば在宅のままでOKというライフスタイルも普及してきました。若い人ならばそれこそパソコンを持ってゆけば良い、なんていう夢のようなことが出来る人も多くなっています。こういう人は現地で必要なものを購入で良いですよね。

 

長距離の引越しがどのくらいの費用が目安となるのか、この難しい?問題を解決するにはこういうところをみてください。

沖縄県沖縄市

沖縄市は沖縄本島の中央部に位置し、人口約13万人と、沖縄県では那覇市についで2番目に人口の多い都市です。独特な文化の色濃い沖縄県の中でも、沖縄市は、嘉手納基地をはじめとして多くの米軍基地が存在することなどから、国際色が特に豊かであり、また、芸能の盛んな都市でもあります。太平洋戦争後の1946年に行政改革が行われ、今の沖縄市の前身である越来村と美里村が誕生し、米軍の人たちが越来村の一部の地域をKOZAと呼んでいたことから、一般の人たちもコザと呼び始め、親しみやすい言葉を村名にしようということで、1956年6月越来村からコザ村へと名前を変更しました。その直後、市制を施行してコザ市が誕生します。1970年、沖縄の日本への返還とともに、アメリカの軍政に対する不満が爆発してコザ暴動が起き、コザ市と美里村の間で合併して沖縄の中心都市になれるようにとの願いから、1974年、コザ市と美里村が合併して沖縄市が誕生します。

 

しかし、すでに沖縄には那覇市という県庁所在地ができているため、県名と同じ名前のつく都市であるにもかかわらず、県庁所在地ではありません。温暖な気候を利用して、年間を通してさまざまなイベントも行われています。2月の沖縄マラソンや、8月から9月にかけて行われる「沖縄全島エイサーまつり」、11月には「沖縄国際カーニバル」、隔月で闘牛大会がおこなわれるなど、魅力満載の都市です。

沖縄には県外から引越して住みたいという人が多いですよね。引越し料金はどのくらいするのか、参考になる目安を中心に書いています。